RSS | ATOM | SEARCH
ジャガイモ収穫


今年は何かと忙しく、なかなか畑に手を入れられていないのですが、それでも何とかジャガイモを収穫することができました。

去年の考察を踏まえ、今年は大きくて健全そうな種芋を深め(種芋の上部が地表から25〜30cmくらい)に植え込んでみました。

結果はまずまず。去年ほどイモの大きさにばらつきは出ず、大きめのイモが取れた感があります。
種芋を深く植え込んだことで、地表との間に余裕ができ、土寄せせずとも新しいイモが地上に出ることなく成長できたようです。痛んだイモもほとんどなし。これはうまくいったのかな。

しかし数はかなり少なかったです。一株につき平均3個ほどしか取れませんでした。ただこの原因は恐らく連作障害ではなかろうかとおおよそ見当をつけております。
同じ作物を毎年同じ場所で育て続けると、その作物に付きやすい病害虫や病原菌などが土壌に増えてしまったり、その作物が必要とする肥料分ばかりを吸収してしまうために土壌中の肥料バランスが崩れたりして、結果収穫量が落ちたり、うまく育たなかったりということが起こるそうです。
実はこのジャガイモも去年と同じ畝に植えたのです。しかも若干密植ぎみ。途中までは順調に育っていたのですが、ある時から地上部が枯れ始めて、そのうち完全に干からびてしまいました。
連作障害は、株間に違う作物を栽培(混植)することでもある程度防げるそうなので、手入れをしていないが故の(今年はススキのマルチもできませんでした…)生い茂った雑草がきっといい働きをしてくれるだろうとタカをくくっていたのですが、現実は甘くなかったようです。

<今回のまとめ>
・種芋を地中深くに植える作戦は成功した模様。
・連作障害は確かに実在した。蜜植も良くない。ただ雑草を生やしただけでは防げる感じが全くしない。
・間引きは一株1本で良さそう。

次回は大きめ種芋深植え作戦は継続しつつ、今年とは違う場所で育てる事と、株間を空けることで連作障害を防げるか検証してみましょうか。あとススキ等の有機物マルチと種芋深植えのコンビネーションも試してみましょうか。
author:よしとみ若旦那, category:, 17:23
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
頑張ってもう少し頻繁に更新しましょう。
これから行こうと思う客, 2016/03/14 12:53 PM









Trackback
url: http://blog.yositomi.net/trackback/988014