RSS | ATOM | SEARCH
チェスが結膜炎になりまして
犬も結膜炎になるんですね〜。

2週間前くらいからうちのチェス(15)の様子がおかしくなり、
しきりに目をこするようになって、だんだん目が開かなくなり、
終いには目を閉じたまま歩くようになって、近くにいたラッキー(9)に気づかずぶつかって歩く始末。

なんだかとても心配になったので動物病院に見てもらうことにしました。
軽トラの荷台にチェスを乗せ、最寄の獣医科までトイレ休憩しながら約1時間。

数年ぶりの通院だったにもかかわらず、チェスのデータを残しておいてくれました。
先生もすぐに診てくれて、色々と原因を探してくれたのですが、
顕微鏡で見てもダニの心配もなさそうだし、充血があるので結膜炎だろうということで、
かゆみ止めの塗り薬と飲み薬、抗菌の目薬を出してもらいました。

こちら。



ほぼ人間です。キラキラネームの子供みたいです。

2週間分の処方で、そろそろ半分くらいかな〜。
今でも少しかゆがるものの、目はしっかり開くようになって元気になってきました。

目薬と塗り薬は最初の頃は苦労しましたが、その後に犬用のビスケット(細かく割ってその上に飲み薬を置いてあげると気づかずに食べちゃいます。一石二鳥。)を必ずあげるようにしていたら、だいぶ我慢してくれるようになりました。「目薬さすんだな〜」くらいはわかってくれるみたいです。



とりあえず一安心。早く治るといいねぇ。

それから、もう歳なのである程度はしょうがないのですが、
結膜炎とは別に軽い白内障にもなっているみたいです。まだ問題なく見えるみたいですけどね。
何か予防や進行防止みたいな対策を知っている方がいらっしゃいましたら教えて下さるとありがたいですm(_ _)m
author:よしとみ若旦那, category:つれづれなるままに, 13:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.yositomi.net/trackback/987997