RSS | ATOM | SEARCH
ジャガイモ収穫


今年は何かと忙しく、なかなか畑に手を入れられていないのですが、それでも何とかジャガイモを収穫することができました。

去年の考察を踏まえ、今年は大きくて健全そうな種芋を深め(種芋の上部が地表から25〜30cmくらい)に植え込んでみました。

結果はまずまず。去年ほどイモの大きさにばらつきは出ず、大きめのイモが取れた感があります。
種芋を深く植え込んだことで、地表との間に余裕ができ、土寄せせずとも新しいイモが地上に出ることなく成長できたようです。痛んだイモもほとんどなし。これはうまくいったのかな。

しかし数はかなり少なかったです。一株につき平均3個ほどしか取れませんでした。ただこの原因は恐らく連作障害ではなかろうかとおおよそ見当をつけております。
同じ作物を毎年同じ場所で育て続けると、その作物に付きやすい病害虫や病原菌などが土壌に増えてしまったり、その作物が必要とする肥料分ばかりを吸収してしまうために土壌中の肥料バランスが崩れたりして、結果収穫量が落ちたり、うまく育たなかったりということが起こるそうです。
実はこのジャガイモも去年と同じ畝に植えたのです。しかも若干密植ぎみ。途中までは順調に育っていたのですが、ある時から地上部が枯れ始めて、そのうち完全に干からびてしまいました。
連作障害は、株間に違う作物を栽培(混植)することでもある程度防げるそうなので、手入れをしていないが故の(今年はススキのマルチもできませんでした…)生い茂った雑草がきっといい働きをしてくれるだろうとタカをくくっていたのですが、現実は甘くなかったようです。

<今回のまとめ>
・種芋を地中深くに植える作戦は成功した模様。
・連作障害は確かに実在した。蜜植も良くない。ただ雑草を生やしただけでは防げる感じが全くしない。
・間引きは一株1本で良さそう。

次回は大きめ種芋深植え作戦は継続しつつ、今年とは違う場所で育てる事と、株間を空けることで連作障害を防げるか検証してみましょうか。あとススキ等の有機物マルチと種芋深植えのコンビネーションも試してみましょうか。
author:よしとみ若旦那, category:, 17:23
comments(1), trackbacks(0), - -
本日18:00 ニコニコ動画にて「ニコ伝」が投稿されます!
宣伝です。

「ニコニコ動画」とは?
→株式会社ニワンゴが運営する動画投稿サイト。こちらhttp://www.nicovideo.jp/video_top?header
見た目としての一番の特徴は、再生されている動画の画面上に、動画を見たユーザーのコメントが流れて表示されることですかね。

「ニコ伝」とは?
→「ニコ伝」=「組曲ニコニコ動画byチーム日本の伝統」。
組曲ニコニコ動画を和楽器(三線、箏、三味線、尺八、篠笛、太鼓etc...)や日本の伝統を象徴する音(ししおどしや将棋のパチン音など本当に色々…)で奏で、さらに動画も日本の様々な伝統や文化をテーマとして表現し、投稿しようという企画です。
参加者総数なんと191名、過去最大とも目される大型企画です。

「組曲ニコニコ動画」とは?(補足まで。)
→ニコニコ動画ユーザー、しも氏が投稿した動画。サイト内で人気、知名度の高い曲をメドレーにして作られた打ち込み音源です。

 
この「ニコ伝」に、よしとみ荘、そして僕自身も参加させていただきました!
よしとみ荘は一部のロケ地として参加、僕は一部の三味線演奏と、こ、コスプレを…。まさか人生でコスプレする日がくるとは自分でもびっくりであります。

そしてこの動画が完成し、ついに本日 2014/01/02 18:00に ニコニコ動画 に投稿されるそうです!
お正月休み、こたつでまったりしておられる皆様方、ダラダラのお供に最適です。ぜひどうぞ。

元々ニコニコ動画それ自体が何というかその…マニアックというか、コアなファンが多い動画サイトで、メドレーの1曲1曲に長期間に渡って培われてきた元ネタがありますので、全くご存じない方には若干伝わりにくい部分があるかも知れませんが、それでも見ていただく価値は十分にあります。
「日本」を感じていただければとても嬉しいです。

※動画を見るにはアカウント作成が必要かも知れません…しかしプレミアム会員でなければ無料でメールアドレスがひとつあればできますので…ぜひ…

動画が投稿されたらこちらに直リンクを張りたいと思いますが、ちょっと今日は忙しそうですので少々遅れるかもしれません。許してくださいまし。

<追記>
動画投稿されていました!どうぞ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22586791?ref=search_key_video

author:よしとみ若旦那, category:-, 13:53
comments(0), trackbacks(0), - -
ニンジンの芽が出ました!
 

やりました!成功です!

種を播いたのが7月20日で今日が27日なので、ちょうど1週間で芽が出たということですね。
種の袋に書いてあった通りでしたな。

ここ1週間は極端な日照りもなく、そこそこに雨が降ってくれたので、あまり水遣りに木を使うこともなく発芽させることができました。

いやーとりあえず一安心。
あとはこれを順次間引きして、秋以降の収穫を目指します!
author:よしとみ若旦那, category:, 21:40
comments(0), trackbacks(0), - -
トマトに背を抜かれました
 

トマトの苗ってものすごく伸びるんですね…どこまでも。

最初に立てた支柱では追いつかず、かなり長めの支柱を追加したのですがもうそれも足りなくなりそうです。

というか苗を支柱に結びつけるのにもう手を伸ばしても届きません!

いっそてっぺんを切ってしまって下のほうから出たわき芽を新たに伸ばしてみましょうかねぇ
author:よしとみ若旦那, category:, 10:31
comments(0), trackbacks(0), - -
人参種まき



ジャガイモを収穫した跡地に人参の種を播きました。ウネはそのままで、表面に敷き詰めていたススキを一旦除けて土を軽くならし、15〜20センチ間隔に3列×12行、千鳥状に播いてあります。

人参の種というのはなかなか気難しいヤツらしく、好光性種子といって、光が当たる環境でないと発芽しないそうです。しかも乾燥に弱いため、7日〜10日の発芽期間に乾燥してしまうとこれまたアウトなんだそうで…

光に当てようと覆土を薄くすれば乾燥して種がダメになり、乾かないように厚くすると今度は光が届かなくて発芽してくれない。この困ったさんめ。

というのも、人参は「セリ科」。セリといえば、よしとみ荘周辺にも自生していますが、常にさらさらと水が流れているような場所によく茂っています。人参も先祖はそんな環境で育っていたのかもしれませんね。言われてみれば人参の葉っぱは何となくセリに似ている気がします。

ともかくそれらの対策として、種の上には土をかぶせず、代わりに刈ってあったススキや枯れ草の細かいものを薄めに敷き詰めてたっぷり散水しておきました。これなら光もある程度通るし乾燥防止にもなるでしょう。
実は種の袋には「もみがらを敷き詰めろ!」と書いてあったのですが、もみがらはないのですよ…うまくいくといいのですが。
おがくずがあればそのほうが粒が細かいし、より乾燥を防いでくれるような気もします。来年はおがくずでも試してみようかしらん。

あとは天候と、それに合わせて水遣りをサボらなければきっと芽を出してくれると信じてがんばります!

author:よしとみ若旦那, category:, 11:08
comments(0), trackbacks(0), - -